20220101S

元旦礼拝で恒例のお楽しみはオープニングの謡曲と書初め。新年にふさわしい、これぞ日本の教会!といったオープニングです。今回の謡曲は初春にふさわしい「鶴亀」。

もともとの内容は古代中国唐王朝、玄宗皇帝の宮殿で催される四季の節会の事始めの場面を想定して作られたそうですが、あまたの役人、民衆の拝賀を受ける皇帝の宮殿の庭の砂は金銀、建物は宝石と、この世ならぬ有様が描写されているのは、ヨハネの黙示録に描かれる天の御国の有様を連想させます。この世のものでは説明できない素晴しさを金や宝石で例えた天の都で、御座に着いておられる神と、子羊なるイエス・キリストを前に、数えきれない数の御使いと万民が礼拝をささげる。そんな場面を思い浮かべながら、元旦礼拝がスタートします。
謡曲を謡うのはプロの能楽師の先生。そして書初めで今年一年礼拝堂に掲げられる言葉を書いてくださるのは今年95歳になられる書道の大先生。お正月とあって、帰省中で礼拝に出席された懐かしい顔も多く、久しぶりににぎやかな礼拝となりました。書き上げられたのは「神の愛」。この新しい年、皆さまが神の愛に包まれ、救いを喜ぶ年となりますように。
元旦礼拝オープニングの様子は、下のYouTubeでご覧になれます。

新着礼拝メッセージ

Loading Player...

お知らせ

10月5日(水)10:00AM~12:00PM
水曜祈り会
10月9日(日)07:00AM~08:00AM
第1礼拝
10月9日(日)10:30AM~11:45AM
第2礼拝

教会について

内灘聖書教会は、聖書に従って、愛のうちに、ささげる教会、出て行く教会、生み出す教会です。

教会案内

内灘聖書教会の礼拝や、祈り会についてのご案内です。日曜礼拝は早朝・午前中・夕と3つの時間帯の礼拝があります。

世代別グループ

子どもからご老人まで、その年代に合わせた活動を行っています。世代別グループ詳細はこちらからどうぞ。

教会サークル

書道、フラダンス、手芸、料理など、年代に関係なく、教会で行われている各種サークル活動のご紹介ページです。