水曜祈り会の聖書の学び

 (下をクリックすると別ウィンドウで再生)

 聖書の遺跡を巡る10 アンピポリス、アポロニア、ニコポリス

 パウロの第二回目の伝道旅行でピリピからテサロニケへ向かう途中に通過したアンピポリスとアポロニアの町。そしてテトスへの手紙の中に書いてある、パウロが冬を過ごした町ニコポリス。聖書にそれぞれ一度しか出てこない町ですが、非常に興味深い歴史的背景を持った町であることがわかります。

 礼拝プログラム(クリックすると別ウィンドウでその個所を再生)

 教会福音讃美歌38番「くしきわが救い主」

 特別賛美「主の手にわが手を重ね」

 教会福音讃美歌243番「罪から解かれて」

 聖書箇所:マタイの福音書26章17~30節

 メッセージ「十字架への道2 契約の杯」酒井信也牧師

 教会福音讃美歌322番「こひつじ主イェスの」

 《要旨》「みな、この杯から飲みなさい。これは多くの人のために、罪の赦しのために流される、わたしの契約の血です。」

 礼拝プログラム(クリックすると別ウィンドウでその箇所を再生)

 教会福音讃美歌250番 「聖なる主の前に」

 特別賛美 「主よ、私をささげます(作詞作曲 大宮香織)」

 教会福音讃美歌411番 「主が備えられた」

 聖書箇所 マタイの福音書26章1~16節

 メッセージ 「十字架への道1 最高のささげ物」 酒井信也牧師

 教会福音讃美歌457番「主は私を救うために」

 《要旨》過ぎ越しの祭りの二日前、もうすぐ十字架につけられるイエスの頭に、ある女性が高価な香油を注いだ。